ダイビング器材のオーバーホール・修理は、『ダイビングメンテナンス倶楽部』にお任せ下さい!快適なダイビングのお手伝いを致します!

ダイビングオーバーホールの料金表 ダイビングオーバーホールのお申し込みの流れ ダイビングオーバーホールのお申し込みフォーム ダイビングオーバーホールに関するQ&A
ダイビング器材のオーバーホールに関するQ&A
ここでは、ダイビング器材のオーバーホールに関して、よくいただくご質問を紹介いたします。
掲載されているもの以外にご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
   
オーバーホールって何をするのでしょうか?
ダイビング器材のオーバーホールとは定期点検のこと。
具体的には、まず器材をすべて各パーツ毎に分解し、塩分を除去します。磨耗したOリングなどの各部パーツを交換し、グリスアップ・組み立て・圧力調整をし、メーカー出荷時の状態に戻します。
 
器材のオーバーホールは、いつごろすればよいのでしょうか?

1年に1度か100ダイブに1度の早い方が目安です。
器材に使われるゴムパーツは必ず劣化していくため、大丈夫そうに思えても機能は徐々に落ちています。また、見えない部分の錆や汚れの蓄積が、ある日突然不調の原因になることもあります。
レギュレーターなどは、特に不調を感じない場合でも、1年に1度か、100ダイブに1度の、どちらか早いタイミングで、オーバーホールすることをおすすめします。

 
長い間、器材を使っていなかったのですが、オーバーホールした方がよいでしょうか?
また、各部に染み込んだ塩分が、錆を生じさせている可能性もあります。
特にレギュレーター類などは、保管期間が1年を超すようでしたら、オーバーホールをしてからご使用になった方が安全です。
 
オクトパスを使っていないのですが、オーバーホールする必要はありますか?
ダイビング機材は、使っている・使っていないに関わらず、各部のパーツに劣化が生じていきます。オクトパスは使用したことがないという方も多いでしょうが、非常時の重要な予備の空気源ですのでいざというときのためにもオーバーホールをおすすめします。
 
オーバーホールに掛かる総額を教えてください?
レギュレータセット+BCDで\19,800になります。
特殊器材は別途お見積り致します。詳しくはこちらをご覧下さい。
 
複数割引やグループ割引はありますか?
内容や個数によって異なりますが、お得な料金にてご提供しております。
詳しくはお問合せ下さい。
   
TOP | オーバーホール料金表お申し込みお支払い方法お問合せQ&A | 会社概要MAP
当社の個人情報保護方針個人情報のお取り扱いにつきまして